黙っていても変わらない。
行動しなければ、変えられないと思います。
いい時代は、待っていても黙っていても与えられるものではない。大切なのはどうなるかではなく、どうするかです。
 自分でそう気付き考えた時、理想と現実のギャップに戸惑いながらも、行動力と情熱で何事も恐れず明確な使命感を持ちチャレンジしていく。一人ひとりの声を大切にしながら、故郷(ふるさと)宮城の確かな未来を築いていくために、私は行動します。

深谷晃祐
  • 宮城の魅力 を全国に発信する観光施策を推進し、訪れた方々がまた来たいと思える宮城の実現を目指します!
  • 健康な豊齢者 を育む、口腔ケアの推進と生涯学習の機会を推進します!
  • 子は『宮城(くに)の宝』 、誰もが産み育てやすい環境の整備と心のバリアフリーを推進します!
  • 地域(地場)産業 の確かな振興を目指すと共に、創業支援を含めた志ある方々を応援します!
  • 財政の健全化 を図りながら、多賀城市・七ヶ浜町と宮城県のパイプ役として奔走することをお約束します!
宮城県民の福祉向上の為には、誰もが働きやすい環境整備と企業育成(誘致)、雇用の確保による富県宮城の実現が必要です!

映像ライブラリ

Movie Library

自己紹介

活動報告

Reports

2016年05月01日 00:00
活動報告 Vol.1

家庭教育支援について

県議会で初の一般質問をさせて頂きました。利他の精神のもと、県民の皆さまとともに歩んで参りたいと存じます。

平成28年2月定例県議会 一般質問・回答要旨

1.学カ向上には家庭での躾や保護者の的確な対応が重要であり、学カ向上策として家庭教育支援も位置付けるべきと思うがどうか
 家庭教育は、全ての教育の出発点であり、生きるための基礎的な資質・能力を養うとともに、子どもの人格形成と健全な育成の基盤になるものと考えております。
 また、家庭教育の中でも、特に子どもの基本的生活習慣については、学ぶカと自立する力の育成につながるものと考えており、「はやね・はやおき・あさごはん」に「外遊び」を加えた「ルルブル推進運動」や「学ぶ土台づくり」の事業において、科学的なデータを含めた普及啓発活動を行うなど、社会全体での子どもたちの基本的生活習慣の定着促進に取り組んでいるところであります。
 県教育委員会としましては、基本的生活習慣や学習習慣の定着による学力向上の観点も踏まえながら、引き続き市町村やPTAなどの関係機関、企業・団体等と連携して家庭教育支援に取り組んでまいります。
2.国の第二期教育振興基本計画に掲げられた家庭教育支援の充実に向けた取組について、宮城県教育振興基本計画第2期アクションプランには見受けられないように思うがどうか
 現代の子育て家庭を取り巻く環境の複雑化を踏まえ、地域全体で親の学びと育ちを支える環境づくりが重要であるとの認識から、「宮城県教育振興基本計画」において、「家庭・地域・学校が協働して子どもを育てる環境づくり」を基本方向に掲げているところであります。
 その上で、第2期アクションプランにおいては、県教育委員会がこれまで養成してきた子育てサポーターや保健福祉関係者等で「家庭教育支援チーム」を編成し、学校や地域の公民館等に出向き、親の学びの場を提供しているほか、「協働教育プラットフォーム事業」として、市町村における地域の人材を活用した各種家庭教育講座開催への支援等を行っているところであります。
 また、保健福祉部においても、子育て相談への支援や子育て関連情報の提供に取り組んでいるところです。
 県教育委員会としましては、引き続き学校を含めた教育と福祉等の連携を図りながら、より効果的な家庭教育支援を推進してまいります。
3.家庭教育支援室を創設し、各部の横の連携を図りながら、家庭教育についてきめ細やかな支援ができる体制を整えるべきと思うがどうか
 子どもにとって乳幼児期の愛着形成は、その後の生活に極めて大きな影響を与えるものであり、このことを踏まえ、乳幼児期から学齢期まで切れ目のない家庭教育支援の体制を整備していくことが大切であると認識しております。 県教育委員会としましては、子育ての各段階で、これまでも関係部局と連携しながら家庭教育の支援に取り組んできたところであり、議員からの御提案も参考としながら、今後さらにきめ細かな支援策を講じていくことが必要であると考えております。
4.愛着障害児について
 子どもの健やかな成長には、乳幼児期における親子間の愛着形成が大きな役割を果たすと言われており、乳幼児は養育者との安定した愛着関係を体験することにより、他者に対する信頼や安心を獲得していくと考えられています。 愛着形成が何らかの理由により重度に阻害されますと、以降の発達に大きな影響を与えることが懸念されることから、養育者が乳幼児に対して適切な養育を行えるよう支援することが重要であると考えております。
 県としては、保育士等を対象とした研修の中で、愛着形成に関する項目を盛り込んでいるほか、市町村が行う乳児家庭全戸訪問事業への支援や、子育て世代包括支援センターの設置促進など、子どもが健やかに成長できる環境づくりに努めております。

常任委員会

 私は保健福祉常任委員会に配属になりました。現在は、被災者支援全般に関わる事項や、国保財政および検診などの医療関係、超少子高齢化対策等を所管する委員会です。私は、心に安らぎと安心が生まれて初めて真の復興だと考えて行動しております。今までもこれからも、被災された皆さんと県民の皆さんが復興を分かち合えるよう努力してまいる所存です。
 今年度の主な事業です。 ①結婚支援事業…出会いや結婚を希望する方々を応援する事業の実施(14百万円)
②施設給付費負担金…認定子ども園、幼稚園、保育所への運営費負担金(8352百万円)
③国民健康保険都道府県単位化推進事業…平成30年度からの市町村との共同による国保運営開始に向けた準備(689百万円)
④地域子ども・子育て支援事業…市町村における地域子ども・子育て支援事業への補助(3686百万円)
⑤ドクターヘリ運航事業…ドクターヘリ運航経費やランデブーポイント整備への助成など(235百万円)
⑥心のケアセンター運営支援費…被災者の心の問題への対応拠点となる心のケアセンターの運営への助成(417百万円)

宮城の復興に向けた取組状況

 宮城県では、『宮城の将来ビジョン・震災復興・地方創生実施計画(再生期)【28年度版】』を策定しました。宮城の将来ビジョンの実現に向けた137の目標指標及び震災復興に向けた52の目標指標と併せて、地方創生の実現に向けた6つの数値目標と24の重要業績評価指標を設定しました。議会としてもチェックと提案を通して、県民の皆様に見える政治を進めて参りたいと思います。一つの目玉政策としては、国内初となる仙台空港の民営化です。離発着時に航空会社が支払う料金を設定出来ることになります。これは、LCC(格安航空会社)の新規企業誘致にも繋がる大きなメリットで、交流人口の増加に貢献することはもとより県民の皆様の利便性向上と県内既存企業の輸送メリットの向上にも繋がります。また、私の住まいする地域の事業としては…

道路課   道路改築事業(東日本大震災復興交付金)
      ・七ヶ浜町 (主)塩釜七ヶ浜多賀城線(菖蒲田) 予算額363百万円
河川課   社会資本整備総合交付金(復旧・復興・河川改良費)
      ・七ヶ浜町 旧砂押川 予算額258百万円
      社会資本整備総合交付金(ダム管理費)
      ・利府町 惣の関ダム 予算額363百万円
      社会資本整備総合交付金(復旧・復興・海岸保全費)
      ・菖蒲田地区海岸 予算額463百万円
防災砂防課 河川等災害復旧費(東日本大震災)
      ・多賀城市 砂押川 予算額306百万円
港湾課   港湾局部改良費(単独)
      ・七ヶ浜町 仙台塩釜港(塩釜港区)
      予算額 仙台港区と合わせて57百万円
今後も事業の進捗を見守って参りたいと思います。

井戸端会議

 市議会議員の時から不定期で開催してきた懇談会ですが、これからも皆様の声の代弁者として活動をしていく為にも懇談会を開かせて頂きます。県政に関わる意見・要望、地域課題について、市政町政について等々、どんなことでも構いません。ぜひ足を運んで頂きまして皆様の率直なご意見を賜れれば幸いです。よろしくお願いいたします。
 開催日時は下記のとおりです。短時間でも構いませんので、ご参加をお待ちしております。
 ○日時 平成28年5月15日(日)10時~ 15時
 ○場所 深谷こうすけ事務所

サポーターズクラブ 活動報告

Supporters Club Report

2019年01月13日
天気は晴れですが外は寒い( ›◡ु‹ ) 今日は、多賀城市交通指導隊観閲式に参列からのスタートです。この後、七ヶ浜町と多賀城市の成人式に出席させていただきます。今日も元気にがんばります!!
2019年01月12日
2019年! 謙虚に大胆に猪突猛進します!
2018年10月06日
台風25号による日本列島に大きな被害が出ないことを祈るばかりですが、宮城県は夏を感じるほどの秋晴れです! 今日も朝から、各種行事に出席させて頂き、決算総括の資料作成に追われております。 多賀城駅前で本日開催の第2回日本酒祭りに是非ご参加下さい´◡` 各種お食事もご用意しております! 日本のホヤは安心してお召し上がり頂けます!輸入を制限している韓国の皆さんにも是非お召し上がり頂ければ幸いです´◡`
2018年09月29日
福井国体の総合開会式に参列です! 天皇皇后両陛下御臨席を仰ぎ、素晴らしい式典でした! 宮城県選手団の上位入賞を期待しております! また、大雨降る中運営に携わられた皆様に心より感謝です´◡`
2018年09月23日
今、あなたの隣いる愛する我が子が消えたらどうしますか? もうこの世にはいないのかもしれないと思っていたら、北朝鮮に拉致されていた。 本当に悲しい現実です。 国民皆さんと心1つに拉致被害者の方々が母国日本に帰還出来ることを願うばかりです! 拉致は他人事ではなく、我が事と思う気持ちが大事なんだと思います! ブルーリボン運動や署名活動に演劇、作文コンクールなど様々な活動が展開されております。 ご自身に出来る取り組みにご協力をよろしくお願いします!